静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
富山県内の総合型地域スポーツクラブ
富山県内では39の総合型地域スポーツクラブが設立され活動を展開しています。
 また県内の27市町村中の22市町村で総合型クラブが設立され、そのほかの市町村でも設立に向け活動を展開しています。
39もあるそうです。
2000年の国民体育大会以降、このようなスポーツの振興を展開しているんですね。
静岡県も、2010年までにすべての市町村に総合型地域スポーツクラブを設立するように働きかけをしているようです。

コメント一覧

    • 1. や(*^_^*)す
    • April 26, 2005 23:57
    • 総合型地域スポーツクラブの先進県と言われる富山県はさすがに設立数が多いんですね。
      一度見学に行ってみたいです。

      静岡国体で種をまかれたスポーツの芽が育っていって欲しいと思います。
      静岡国体は、ゴールではなくスタートであったといつか言えるように、今からでも遅くありません。
      何かをはじめていきたいと思います。

      静岡県ウエイトリフティング協会の事務局にも、そのあたりの見解をお聞きしたいのですが、なかなかそういう話しをしようとすると無視をされてしまいます。残念です。
    • 2. ono
    • April 27, 2005 07:49
    • おはようございます
      高校の教員を無視するなんてもってのほかです!
      高校生選手がが出てこなければ、土俵に上がれませんから!
      そう云う意味においては日体大の関口先生は凄いですね、全国区の不毛の地に教員の種をまきましたから〜凄い
      高校時代私の家まで来てくれて特待生で来ないかと誘ってくれた先生に背を向けて明治に入った私としては何も言えませんが.........
    • 3. や(*^_^*)す
    • April 27, 2005 09:48
    • 静岡県におけるウエイトリフティング競技の強化と普及。
      どちらも大事なものであるし、互いに協調して自動車の両輪のごとく機能していかなければならないと思います。
      競技力の向上たる強化と、高校生の勧誘が主となる普及の面で、どちらも指導者の役割が大きくなることはいうまでもありません。
      静岡県のウエイトリフティングの最大の弱点は指導者の養成がうまく行かなかったこともあると思いますし、高校での指導者の養成が皆無であったことは否定できない事実であると思います。
      飛龍高校ウエイトリフティング部がなくなりそうな今、清水工業高校だけでも踏ん張らなければならないという悲しい状況ではあります。
    • 4. ono
    • April 27, 2005 12:34
    • 私は卒業して母校の高校に十数年間放課後の練習に通いました。
      沖縄に帰った屋良先生とインターハイや国体のコーチとして参加させていただきました。今は楽しい思い出です。勤めを辞めて
      家業のりんご園に従事すると忙しい時が試合と重なり今はご無沙汰しています。どうしても高校に専門の先生が居ないと大変だと思います。
      群馬も顧問の先生で最初は素人でも今はなくてはならない指導者の先生がいます。応援していますので火を消さないよう頑張ってください!
      今日は夜、協会の監査に前橋に理事長と宇敷先生の運転で行きます。
      群馬も他人事でないと自覚しております。
    • 5. 水谷一人
    • April 27, 2005 13:01
    • 今は重量挙げの凄さや素晴らしさを生かして社会貢献してひとりでも多くの支援してくれる人を増やせればと競技の垣根なくいろいろな分野の仲間と共存共栄だと思って取り組んでいます
      ただ選手の立場として共に汗を流した仲間との思いは
      人一倍強いので日本中の仲間をいつも思います
      恩師からは技術論ではなく心を受け取った
      初心に返って今までの積み重ねを更に大きくしていかなくてはと思います
    • 6. や(*^_^*)す
    • April 27, 2005 13:45
    • 小野さん、水谷さん、コメントありがとうございます。
      静岡県のウエイトリフティングについて心配をしてくださり、ありがとうございます。
      今後どのような形で推移していくかは予断を許しませんし、飛龍高校がなくなってしまったあとに清水工業高校ウエイトリフティング部が何年継続できるかも甚だ疑問ではあります。少なくとも平成19年度末には清水工業高校がなくなってしまいますし、そのあとの新設校の計画において施設を組み入れていただけるかは決定しておりません。
      学校としての要望や静岡県ウエイトリフティング協会としての要望をもってお願いにあがりましたが、どのような形で聞き入れていただけるかはよくわかりません。
      最終的にあと3年で静岡県からウエイトリフティング競技がなくなってしまうかもしれませんが、なくなってしまったとしてもその痕跡だけでも残せたらなと思っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ