静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
しっかり調整をしてほしいとは思っていますが、暑くなったり、涼しくなったり、蒸し暑くなったりと、天候があまりよくありません。風邪を引いたり、体調が今ひとつの選手が出てきました。大会前だというのに、困ったものです。コンディション作りの大切さはかなり前から言っていたのに、十分伝わらなかったようです。
 うまく伝えることができない監督が悪い。と言われればそれまでですが。とにかく、週末の大会当日にはベストコンディションで臨んでほしいものです。特にインターハイに出場できない選手は、この東海総体が最後の大きな大会になるでしょうから。
 今日は本当に蒸し暑くて大変でした。一緒に練習しましたが、自分自身も練習内容としてはいまいちでした。今日のメニューはハイクリーン、ハイスナッチ、フロントスクワットでしたが、ハイクリーンは90kgのセット練習がやっとで、ハイスナッチも70kgがやっとでした。これからもっと暑くなりますが、生徒共々夏休みのインターハイに向けて、暑さに強い体づくりをしたいと思います。
 今日の静岡新聞に平成15年度の静岡国体に関する記事が載っていましたが、いよいよ、静岡国体も本格的に動き出すのかなといった感じです。その記事に載っていた7月17日の会合には私も強化コーチとして参加することの文書も来ました。8月には県、開催市、競技団体の打ち合わせもあるようです。今年の夏も忙しそうですね。
 それに追加して、今年の夏休みには、県教委からの命令で、社会貢献体験研修というのをやらなければなりません。要するにボランティアをやりなさいということですが。部活動や国体に関する仕事は職務を逸脱したかなりボランティア的な要素が高いと思うのですが、現在以上にもっとボランティアをやりなさいということのようなので、今日は清水市内の授産所の方に電話をかけて受け入れてくださるようなお願いをしました。体験研修ということなので2日間だけですが授産所のお手伝いをすることになりました。電話でのお願いというとても失礼なことをしてしまいましたが、私を研修生として受け入れてくださるということで快諾してくださりました。インターハイの後の週での実施をお願いをしようかと日程を調整しようと思っています。
 8月はインターハイに始まり、国体予選、日韓ユースと大会が3つもあるので、その中で社会貢献体験研修(ボランティア)の日程をとるのは大変ですが、何とかやってみたいと思います。この研修は、県教委の指導で土日はやってはいけないということなので、部活との日程調整は大変ですが、日曜日に練習をして平日に生徒は休みにして、ボランティアに行こうかなと思っています。これで8月も休みがなくなることが内定したようなものだ。ワハハハ。
 書いていて気がついたが、静岡国体の打ち合わせもあるんだった・・・。
 授業の方では、今日は課題研究がありましたが、自分たちで課題を考えさせ、研究の手順を教えてあげたら、作業にはいると一生懸命に取り組むことができるようになりました。他の授業はあまり好きではないような生徒たちの班ですが、6月から始めた試験片の作成はほとんど教員いらずの状態で仕事をこなしてくれています。ここまで持ってくるには2ヶ月かかりましたが、試験結果も良い結果が出るのではないでしょうか。
 ちなみに私が指導している班は塗装の研究をしていますが、簡単なようで、結構奥が深いし、条件をいろいろ変えてやると、試験片の数も結構な数になります。生徒たちは、一生懸命に試験片を作り、条件に合わせて磨いていました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ