静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
今日から期末試験が始まりました。クラスの生徒たちはしっかり勉強してきてくれたのか心配です。結果が出るのは来週ですが、楽しみに待ちたいと思います。中間層が勉強に対する緊張感が薄いのが心配です。もう少し勉強に対する取り組む姿勢を再確認してほしいと思います。
 午後は、救急救命講習会に参加しました。清水市の消防署の救急隊の方たちが講師としてきてくれました。われわれ教員を対象に心肺蘇生法についての講習と実技指導をしてくれました。呼吸や脈が止まってしまった場合の、救急車がくるまでにやらなくてはならないことを順に追って説明、実技指導をしてくれました。心臓が止まってから、できるだけ早いうちに心臓マッサージをして脳に酸素を供給しなければ、快復して社会復帰できる確率がどんどん小さくなってしまうとのことでした。また、日本ではそのような状況からの蘇生率が数%しかないのに、欧米では20%程度あるとのことでした。その理由は、市民に救急救命法が認知されているということと、公務員の採用の条件が救急救命ができるということが条件にあるようで、早い時間帯での応急処置が行われているとのことでした。
 清水市でも毎年一人は中高生の突然死があるということで、教員をやっていると、そのような場面に出くわすかもしれません。そんなときに今日の講習のことが少しでも生かすことができればと思いました。一人では大変でも、何人かの職員で助けることができればと思いました。
 部活の方にはスポニチの記者の方が取材に来てくれました。昨年から何回か取材に来てもらっていますが、平岡勇輝選手の東海総体での日本高校新記録の樹立の話や、インターハイに向けての抱負、目標記録などを取材していました。来週の頭には掲載していただくとのことですので、楽しみにしたいと思います。インターハイまで1ヶ月を切りましたが、あと3週間ほど、充実した練習をしてきっちりと仕上げてもらいたいと思います。そして、最高のコンディションで、スナッチ、C&ジャーク、トータルと、3つの新記録樹立を目指してもらいたいと思います。
 今日から清水の七夕祭りです。子供たちをつれて見に行きました。七夕飾りの量は、昔よりも少し寂しくなったかなと思いましたが、それでも、かなりの数の七夕飾りがつるされていました。明日は台風が来そうだということなので、急遽、今日見に行きましたが、子供たちも喜んでくれました。そんな中、少し残念な事件がありました。七夕飾りが燃やされたのです。
 どうやら放火のようでしたが、煙が立ち上ってきて、最初は何かイベントをやっているのかなと思ったら、煙がどんどんこちらに近寄ってきて、刺激臭が漂ってきたので火事とわかりました。煙が出てくるのに前後して、怪しい高校生くらいの集団がたむろしていました。
 タバコの煙が燃え移ったのかもしれませんが、とにかく、あんな人混みなのに、しかも燃えやすいものがたくさんあるのにタバコを吸っている人がかなりいました。これでは、いつ火事になってもおかしくないのではと思いました。
 また、駅前では、高校生くらいの集団がたむろして地べたに座っていましたが、あれだけ群れていると、一般の民間人はとても制止できるようなものではないと思いました。
 久しぶりに、夜の時間帯の七夕祭りに行ってみましたが、数年前と比べて明らかに治安が悪化しているように思えました。高校生くらいの年代の子たちが妙に幅を利かせていて、たむろしていたり、地べたに座っていたり、大声ではしゃいでいたりと、ちょっとひどいんじゃないかと思いました。
 集団の中に一人二人、見たことがあるようなのはいたけれど、特に違法行為はなかったようなので、声はかけませんでしたが、それ以外の大多数が、すごくひどいのがたくさんいました。どこの高校かはわかりませんが、あれを指導するなんて、猛烈に手間がかかるんじゃないかなと思いました。(手間をかけないから、ああなったのかもしれませんが)
 高校生には、子供を連れた状態ではとても声などかけることができない状態でした。うちの奥さんは、高校生のことを「怖い、怖い」と言って、「よく、あんなのの中で仕事ができるね」と言っていました。(うちでは、私が奥さんのことを「怖い」と言っていますが。)でも、今日、見てみた感想としては、清水工業の生徒は、悪い奴らの中には見かけなかったし、見かけたのもどうと言うこともないし、クラスの連中は、駅前でたむろしているのとは全然雰囲気が違うので、工業高校生に対する偏見だと思いました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ