静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
今日の午前中は子供たちをつれて県立美術館に行ってみました。子供二人を連れて子守をするために時間をつぶすところを考えたのですが、暑いところはいやだったので、美術館下の芝生の広場の木陰で過ごそうかと思っていきました。そして、遊歩道を通ってみて、美術館の中に入ってみたところ、二人とも絵を見たりするのに抵抗もなかったようで、静かに見ようねと言ったらその通りにしてくれたので、有料のロダン館の方にも入ってみました。
 特別展の方も何かやっていたけれど、自分もよくわからなかったので、やすい方に入りました。大人300円で、小中校生は無料でした。当然、子供たちも無料でした。300円で、空調の聞いた部屋に1時間くらい入れたので、良い時間つぶしになりました。駐車場がいっぱいだったので、美術館の中も人がいっぱいで、子供を連れていったら迷惑になるのではと思っていたのでしたが、かなりすいていて問題ありませんでした。
 ロダン館のホールでも、すべての彫刻をゆっくり見ることができました。子供たちも、初めてみるところだったし、きれいな施設だったので結構飽きずに見ていました。こちらも、彫刻を見ながら子供たちに、「このおじさんは何しているように見える?」とか、「このおじさんは何を考えていると思う?」などといろいろ質問をしていたので、子供たちも飽きずに見ていました。
 そして、「カレーの市民」や「考える人」の彫刻を見て、「お父さん小さい」などと言って、彫刻が大きいという意味で驚いていました。子供たちから見れば私がすごく大きいので、それよりも彫刻が大きいので驚いたようでした。
 抽象的な彫刻に対しても、子供たちに「これは何に見える?」などといろいろと質問をしたりしましたが、まだまださっぱりわからないようでした。
 2年ほど前にも一度県立美術館には来たことがあったのですが、そのときには子供たちは美術などさっぱりわからず泣くばかりで入場できなかったので、それに比べれば進歩したのかなと思いました。子供の2年間で進歩しなければ困りますが。
 ロダン館、300円で結構楽しめたので、また行ってみたいと思いました。また、入り口の係りの人たちも子供たちに優しく声をかけてくれたので、なかなか良いところだと思いました。ありがとうございました。
 今日の夜はWOWOWで「アルマゲドン」をやっていましたが、子供たちを風呂に入れたり寝かしつけながらとびとびに見ました。ビデオに撮っていたので暇なときに見ようかと思いましたが、おもしろかったので、放送終了後から巻き戻してみてしまいました。同じ隕石衝突物の映画の「ディープインパクト」と比較をされたりしましたが、私個人の感想としては、アクションやSFXなどの娯楽性に関しては「アルマゲドン」の方がおもしろいと思いました。そして、人間ドラマ、いわゆる泣かせるというやつでは「ディープインパクト」だと思いました。この辺の対比した感想は、誰が見てもほとんど同じだと思いますが、実は「アルマゲドン」は今夜初めてみたので、この2本については映画の評論通りだなと、今さらながらに思いました。
 子供ができてからは映画館で映画を見ていないので、1年少し遅れでWOWOWでしか見れないけど、かなり楽しめました。
 早く映画館で映画を見えるような状態になりたいです。
 今日もまだ子供のカユイカユイが治りません。ブツブツの状況からまだまだ続きそうですが、早く治ってほしいです。ついでに、他の子に感染しないようにしてほしいです。4月から、3人で病気をまわしっこしているので、あと一人も時間の問題なのでしょうか。くわばらくわばら。
 ところで、このお父さんの日記、誰か読んでいるのでしょうか。読んでいる人、いましたらメールください。
 今朝の静岡新聞の日曜版「トークバトル」で、少年法の改正について載っていましたが、教育問題にも深く関わることなのでじっくり読んでしまいました。その中で、学校教育についての批判的な部分もありましたが、とても難しい問題だと思います。ある部分は賛成できても、ある部分は少し違うな、というような感じをどちらのサイドからも感じることができました。来週の投稿者の意見が楽しみです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ