静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
d571fe84.JPG本日、清水工業高校では年末交通安全週間中の事故ゼロの日ということもあり交通安全教室を開催しました。

清水警察署の交通指導部長さんと交通指導員さんを講師としてお招きし、事故の実態のお話と、グラウンドに出て実際に交通安全実験をおこない生徒たちにも体験をしてもらいました。

交通事故がゼロになるように生徒諸君にも毎日の通学を含め、交通ルールとマナーを守ってほしいと思います。
交通安全実験の際、自転車による壁への衝突実験がおこなわれました。

清水工業高校で最強の壁が自転車の衝撃を受け止めました。
交通教室の壁

コメント一覧

    • 1. HIRAOKA
    • December 20, 2005 10:27
    • 今年、清水警察所管内では98件の高校生が関連した交通事故があり、8件が事件として扱われたそうです。

      清水工業高校では5件の事故が警察署で扱われています。
    • 2. HIRAOKA
    • December 20, 2005 10:28
    • 交通違反を注意する「交通指導カード」は清水工業高校の生徒に対しては20件が指導されています。
    • 3. HIRAOKA
    • December 20, 2005 10:30
    • 清水警察署案内のすべての交通事故は3000件ほどであり、県内全体での交通事故数は年間3〜4万件で推移しているそうです。
    • 4. HIRAOKA
    • December 20, 2005 10:32
    • 最近は車もよくなり、道路もよくなってきて事故を減らすための環境は整いつつあります。

      しかし交通事故の最大の原因は「人の気持ち」であると交通指導部長からもお話がありました。

      交通事故や犯罪を減らすために日夜働いている警察官や交通指導員さんには感謝の意を示したいと思いますが、私たち市民一人一人が事故や犯罪がなくなるようにと気持ちを持ち、そして行動していかなければならないと思いました。
    • 5. HIRAOKA
    • December 20, 2005 10:34
    • 産業界もそうですが、原因が人間に起因するヒューマンエラーがこれからの事故の原因の一番大きなものであると思います。
      それをどう減らしていくか、一番大きな課題だと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ