静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
豪雪による25年ぶりの自衛隊の派遣という記事を読んでいて、私は「上越交歓」を思い出してしまいました。

25年前の1981年(昭和56年)の1月、私は新潟県の上越市に行きました。
その時も猛烈な豪雪で家の2階まで雪が降り積もっていたり、電信柱が埋もれ、電線の上を歩いてわたった覚えがあります。
上越市に行ったのは1月の20日過ぎのことだったのですが、滞在期間の最終日に初めて太陽がでて、交歓先の皆さんが「今年初めての太陽だから、初日の出だ」といって喜んでいたのを思い出されます。
livedoor ニュース - [大雪]長野県、自衛隊に飯山市への災害派遣を要請
記録的な積雪で6日、陸上自衛隊へ災害派遣を要請する自治体も出た。長野県を通じて要請した飯山市は、81年1月以来、25年ぶりとなる。市の観測では、北部の岡山地区の積雪は434センチに達した。市民の不安・不満も限界に近づいてきたと判断し、要請を決めたという。
『上越交歓』とは、清水市(現在は静岡市清水区)と新潟県の上越市が、日本の太平洋側と日本海側の対局のある場所であるので姉妹都市でした。
そのため、中学生の交換会ということで、2年生の1月に清水市の中学生の代表が上越市に向かい交歓会を開き、その後3年生の11月に上越市の中学生の代表が清水市に来て交歓会を開くというものでした。
清水市が静岡市と合併したために、この交歓会はなくなってしまったようですが、歴史のある交歓会でした。

私も学校の生徒代表として上越交歓に参加したのですが、雪が多いということは知ってはいたものの、『56豪雪』とよばれる1981年(昭和56年)の豪雪の年だったために、とても貴重な経験をさせていただきました。
この交歓会は2泊か3泊を相手方の学校の代表の方の家に泊めてもらうという、国体でいうところの『民泊』というようなかたちだったのですが、そちらのお宅も当然のことながら雪に埋もれてしまっていて、家のかたちや町の風景もよくわからない情況でした。2階の窓からも入れるような積雪状況でしたが、玄関まで地下室に行くようなかたちでおりていって家に入っていったことを覚えています。
この豪雪で国鉄信越線が運休してしまい、1泊多く泊めて頂いたりもしました。

当時は新幹線もなく高速道路(長野自動車道等)もなかった時代で、清水から上越まで行くのには、一度東京まで新幹線で行き、そこから在来線の信越線の特急で軽井沢を越え、長野を通って上越市に行ったと思います。
ものすごく遠く感じました。

そんな思い出の25年間前の豪雪、上越市の金谷山スキー場(日本のスキー発祥の地だそうです)で初めてスキーをやったこと、そんなことを思い出されるニュースでした。

あれから25年、もう四半世紀たってしまったのですね。

コメント一覧

    • 1. HIRAOKA
    • January 08, 2006 08:50
    • 私たちは『上越交歓』と呼んでいましたが、上越市の皆さんは『清水交歓』と呼んでいました。
      『上越交歓』は私たちの一方的な呼び方でした。

      正式名称は「上越市・清水市中学校交歓会」だったようなそうでないような。
      もはや記憶の彼方です。
    • 2. HIRAOKA
    • January 08, 2006 08:51
    • 昔の清水駅の駅舎の東側に貨物用のホームがあって、そこで出発式をやったと思います。

      たしかそこで代表で挨拶をしたような・・・
    • 3. ono
    • January 08, 2006 10:53
    • 今日は!
      週末はSLみなかみ紀行号とスキー特別列車のシーハイル上越号が新潟地方大雪の為運休になりました。線路付近で今朝待っていましたが来なかったので駅に行ったら運休の貼り紙がありました。
      私の住む沼田市は降っても10〜20センチが数回ですが、暮れから今年に入っても積雪があり例年の5倍以上積もったそうです。
      ですから、新潟の雪は想像を絶すると思います。
    • 4. HIRAOKA
    • January 08, 2006 21:49
    • 今年の天候はとんでもないですね。
      雪により亡くなった方もかなりいらっしゃるようですから。

      この先まだまだこんな天気が続くのでしょうか。


      SLは見てみたいですね。
      onoさんの写真を見てそう思います。
    • 5. キスケ応援団
    • April 03, 2012 05:19
    • 5 私は昭和51年から54年まで中学生で「清水交歓」を体験しました。東京の私大を卒業後、そのまま東京で働いているので、高田には盆と正月しか帰ることはありません。東京に住んでみて、裏日本の気候、豪雪地帯の過酷さを却って感ずることになりました。「清水交歓」にはクラスメイトの男女の生徒が対象になっていました。清水から交歓生がやってきました。当該の交歓生の自宅に泊まるのだと思いますが、夜は中学生が集まり、まぁ当然、酒はないけど、宴会みたいに交流しました。今は年を取って、その気力も衰えましたが、当時は中学生なので、女の子には興味津々で、女子の交換生の自宅も訪ねて、その子と肩を組んでツーショットの写真を撮って楽しかったです。その後、その子から封書で手紙を貰いましたが、返事は出しませんでした。子供なのでテレがあったと思います。今思うと勿体無いです^^。もう交歓は廃止されたのですかね。私は東京の多摩に定住してますが、現在は地方と都会の格差はありません。時に多摩は田舎で、上越市の方が都会に感じます。欠点は、まぁ雪ですね。地球温暖化とのことですが、今年も沢山降ったようです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ