静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
私には何とも理解できない行為です。
livedoor ニュース - [お葬式]カメラ付き携帯で最期の顔パチリ 困惑派・理解派
出口さんは「人を悼む気持ちが荒廃しているのでは、と気になる。亡くなった方は死に顔なんて絶対に撮られたくないはず。撮影の可否まで遺言を取ることも検討しなければ」と困惑。斎藤さんも「カメラが身近になり気軽に撮るのだろうが、心の写真を撮っておく(脳裏に焼き付ける)のが一番」と話す。
死に顔を撮影するなんて。

死者を撮影するなんて、怖ろしくて怖ろしくて。



小学校の頃かな。
アサヒグラフかなんかで、ベトナム戦争の現地の写真を見てとても怖い思いをした思い出があります。

その雑誌、教室の図書スペースにあったような気がします。

コメント一覧

    • 1. めめんともりりん。
    • March 20, 2006 20:19
    • アサヒグラフは高校時代見ていましたが、
      けっこうきつい写真が多かったですね。

      叔父は祖父の葬儀で、最後まで写真を撮っていました。
      私は、祖父の祭壇を撮るくらいで、なんとなく、
      『じーさん寝かしといたろう…』と思っていました。


      いい顔で逝ったので、客観的な風景の一部としては、
      特に問題はなかったかも知れません。


      故人に対するムードが温かかったせいかもしれませんが。
    • 2. HIRAOKA
    • March 20, 2006 20:28
    • 風景の一部としては許容できますが、故人の顔をとるとなると、ちょっとひいてしまいそうです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ