静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
723d4a26.jpg「部活を教育活動に」という記事が今朝の静岡新聞に掲載されていました。
静岡県スポーツ振興審議会が、県教育長に提言する内容として「部活動の教育活動への明確な位置づけ」を盛り込んでくれるそうです。

学校教育の中で部活動の位置づけは重い意味を持ち、良きにつけ悪きにつけ学校と部活動は密接に関連づけられています。
しかしながら現在の法的な位置づけにおいて学習指導要領には記載されていないため、寄生虫呼ばわれされることもあります。
また、教員もボランティアとして指導をしつつも、大きな責任を負って部活動の指導をしています。

これに対して、県レベルの話しであっても、教育活動の中での明確な位置づけをお願いするということは非常に素晴らしいことであると思います。


本校において、部活動による教育活動の中での大きな利点としてあげられることは、野球部・サッカー部の生徒を中心として運動部の生徒達が校内で規律ある行動の模範となってくれることや、率先して挨拶をしてくれることなど、現在の清水工業高校が落ち着きがあり、問題行動も少ないということの理由でもあると思われます。
また部活動があるからこそ、勉強は苦手ながらも学校に来ることの楽しみを見いだしてくれて、高校に3年間通うことの意義を見つけてくれる子供たちもいることも事実です。

こういった実情と、そして部活動の大きな意義を教育活動の中に明確に組み込むことができることができれば、それは静岡県の教育にとって非常に有意義なことであると思うし、全国に先駆けて県レベルで実行することができれば、本当に嬉しく思います。

このことが早期に実行されることを切に願います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ