静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
0e22e8ff.jpg現在の静岡県のウエイトリフティングの状況は、高校数は一校しかないし選手数も激減しています。
成年選手の数もかなり減少しています。

今回の合宿では佐藤定勝コーチと成年選手が高校生の指導をしてくださりました。
日本大学の大湾コーチや水越コーチも指導をしてくださりました。
ということで、清水工業高校の一年生はマンツーマンで指導を受ける機会が多く、時としてマンツーマン以上に指導者についてもらえました。

今回の合宿では一年生は本当によく練習をしました。
フォーム的にもメンタル的にも成長してくれたと思います。
来週、愛知県で開催される東海総体や、8月に大阪で開催される全国総体には出場できませんが、それらの大会を見学してもらって勉強をしてもらいたいと思っています。

清水工業高校はなくなってしまいますが、新しい学校の一期生が彼ら一年生です。
静岡県のウエイトリフティングの新たな歴史を作ってもらうためにも継続してがんばっていってもらいたいと思います。

彼らが強くなりたいという意志をあらわしてくれるならば、私はどんな強化策でもやっていきますし、どんな援助でもしていきたいと思います。
本当にがんばってもらいたいと思います。

コメント一覧

    • 1. 群馬県立利根実高練習風景
    • June 12, 2006 19:51
    • onoです。久しぶりに練習を見に行って来ました。部員は8名(新入部員3名)です。昨日まで茨城県で関東大会だったので今日は一年生3名と女子部員1名の練習&記録会でした。
      群馬は藤工と利根実は新入部員は入りましたが、育英高校が苦戦しています!
    • 2. HIRAOKA
    • June 12, 2006 19:54
    • 利根実業の練習場は清水工業と同じくらいでしょうか。
      一度行ってみたいです。

      onoさんのところにも。
    • 3. ono
    • June 12, 2006 20:34
    • 今晩は
      8面ですね!(上の練習風景をクリックすると練習場の写真があります。)
      プレハブです。日体大の女子、平岡(親)君の時代に一度明治の合宿を利根実でしたことがあります。
    • 4. HIRAOKA
    • June 12, 2006 21:08
    • 拝見しました。

      季節はやはり秋が一番よろしいでしょうか。
      夏は暑そうですよね。
    • 5. 元部員
    • June 12, 2006 21:47
    • ずっと前に静岡で重量挙げをやってた者です。今の静岡は色々大変ですね。沼学のウエイトも廃部になったみたいだで寂しい限りです!勝亦先生はもう重量挙げには携わってないのですか?
    • 6. HIRAOKA
    • June 12, 2006 21:51
    • 元部員さん、こんにちは。
      沼学のウエイト部も休部から廃部になってしまったようです。本当に残念です。
      勝亦先生は県協会の会議等には顔を出してくださりますが、指導という部分では残念ながら携わってはいない状況です。
    • 7. ono
    • June 12, 2006 22:11
    • やはり秋が良いですね!
      機会があれば是非来て下さい!(園にも)
      夏も前橋から比べると別天地です!
      片品ならなお最高です!
    • 8. 元部員
    • June 12, 2006 22:29
    • そうですか…勝亦先生の指導で全国大会にもださせてもらったので。私がやっていた頃は選手が多くてインターハイにでるのも大変でした。競争がないと選手のレベルもあがらないから今の高校生は可哀相ですね。
    • 9. HIRAOKA
    • June 12, 2006 22:54
    • >onoさん
      ぜひ一度は行ってみたいです。
      片品ならば夏でも涼しいですか。
      ちょっと考えてみます。
    • 10. HIRAOKA
    • June 12, 2006 22:58
    • >元部員さん
      全国的にも部員数の減少は深刻な問題となっています。
      そして指導者が少ないということも。
      それが顕著にあらわれてしまっているのが静岡県です。

      静岡県のウエイトリフティングが復活するためにも、まずは指導者の育成にかかっていると思います。

      今は飛龍ですが、沼学の復活に期待をしたいところです。
      そのためにも母校に戻って教壇に立ってくれる指導者が必要かと思います。
    • 11. ono
    • June 13, 2006 04:17
    • 片品と言えば尾瀬です!日光にも近いです。
      魔の谷川岳もあります。
      りんごの時期に埼玉の宮田さんがご夫婦で来られました。
      今日はこれから朝仕事するので早起きです。
    • 12. HIRAOKA
    • June 13, 2006 06:20
    • onoさんは、さすがに早起きですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ