静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
366128fc.JPG本日、清水工業高校では全国大会に出場する選手に対しての壮行会が開催されました。
ウエイトリフティング競技の望月駿一選手と、高校生もの作りコンテストの生徒の2名が全校生徒の前で紹介されました。
2名とも全国優勝の可能性があるので、ぜひともがんばってもらいたいと思います。
表彰式
壮行会に先立って表彰式も行われ、東海総体での大会新記録での優勝を全校生徒の前で披露していただきました。

コメント一覧

    • 1. 小さな光り
    • July 19, 2006 16:21
    • 5 頑張ってください。
      先日の群馬大会ではスナッチの肘の関係でジュリーに判定を覆された場面がありました。日本協会の審判部長は群馬のN先生ですから当然かもしれませんが、一言申し添えます。
    • 2. HIRAOKA
    • July 19, 2006 22:28
    • 基本的に正しいフォームの習得は高校生にとって必要なことだと思います。
      生徒を育てるためならば厳しい判定というのも必要なことかと思います。

      ただ失格させるようなイジメと思われるような判定はどうかと思われますが。
    • 3. ono
    • July 20, 2006 18:35
    • わかります!意味が
      昔はプレスがそうでした!
      審判の資質の問題ですね!挙げたらよっしゃ!と自信ある声に審判は反応します!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ