静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
df79b32d.jpg7月31日の静岡新聞に掲載されていた社説です。
まったくもってその通り。

制度や研修という形式だけを整えれば教員の資質が向上すると勘違いしている輩がいることは事実です。
教員の資質向上に必要なものはいったいなんなのか。
教科指導はやって当たり前。
本当に必要な「使命感」「教育的愛情」「社会性」「対人関係能力」は講習を受けるだけで向上するわけがありません。
「向上する!!」という人はいるんだろうなと思ってしまう今日この頃です。

生徒にとっても部活動は必要なことだと思いますが、教員にとっても部活動の顧問をやるということは必要なことなのではないでしょうか。
少なくとも、運動部の顧問を管理職から依頼されて「いやだ」と言ったり「私の柄ではありません」とか「私には似合いません」とか「副顧問ならいいです」とか言う人がいることは事実です。

そういう方々には、ご立派な研修を受けていただいて、ご立派な教員になって欲しいと思います。

コメント一覧

    • 1. 男性高校生
    • August 02, 2006 19:27
    • 初めまして。毎日ブログ読ませて頂いてますが、自分も部活をしていますが部活動の顧問の先生が顧問になると、少しお金をもらえると言っていたのですが平岡先生もお金をもらっていますか?またそれはどれくらいの金額ですか?
    • 2. HIRAOKA
    • August 02, 2006 19:49
    • はじめまして。

      平日の顧問としての活動については無休です。
      土日については8時間の勤務で1500円くらいもらえます。
      これは残業手当や休日手当とは呼ばずに特殊勤務手当と呼ばれているものです。
      部活動の顧問をやっていることにより頂けるお金は、これにより月額10000円弱いただいております。
      この金額の基準は、静岡県のもので県によって変わってくると思います。
    • 3. HIRAOKA
    • August 02, 2006 19:54
    • 部活動の顧問をやることによりお金を頂けることはありがたいことですが、それよりも頑張っている高校生と間近にいることができることのほうが嬉しいことだと思います。
      試合や遠征に出かければ頑張った生徒に昼食を食べさせますし、大学を見に行きたいと言えば一緒に行ったりもします。
      お金の話しだけならばマイナスかもしれませんが、仕事として充実感はあるかと思います。
    • 4. 男子高校生
    • August 05, 2006 01:46
    • 自分はこのことを顧問から聞き、顧問はお金のために部活をやっているのかと思いました。しかし平岡先生のような考えを持ってる人がいて少し安心しました。自分の学校にもウエイト部がありますが、インターハイには出場しませんが、望月君にはがんばってほしいです。表彰台を狙える力が望月君にはありますので。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ