静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
b7776f6d.JPG紫のTシャツです。
汗でビショビショに濡れて黒く見えていましたが、本当は紫色です。
胸には「清水工業 望月駿一」と書かれています。

先輩の牧田悠希選手も愛用していたものと色違いのものです。
牧田選手

実はこのTシャツ、私が刺繍したものです。
一昨年、二人にプレゼントをしたのですが、牧田選手は愛用してくれたのに、望月選手は着てくれませんでした。

ここ一発の大勝負の時に着るためと、とっておいてくれたのでしょうか。
私が一針一針、彼らのために願をかけながら刺繍をしたものが2年ぶりに陽の目を見てくれたことは嬉しく思います。

二年と少し前、清水工業高校ウエイトリフティング部は崩壊の危機を迎え、部員は牧田悠希選手一人だけになってしまいました。
そこへ望月選手が入学し、ウエイトリフティング部に入り、二人だけの部員で活動をして、昨年は二人でインターハイに出場することができました。
牧田選手が卒業して望月選手は一人きりになってしまいましたが、めでたく新入生が入ってくれました。
清水工業高校のウエイトリフティング部の新たな歴史は、静岡県のウエイトリフティングの新たな歴史が始まってくれるのでしょうか。

そんなことを想った望月選手のTシャツの話しでした。

コメント一覧

    • 1. HIRAOKA
    • August 09, 2006 23:43
    • 「その1」ってことで、こんなネタでしばらく引っ張ります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ