静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
d41d9ec3.jpg
10a4383f.jpg
861adf22.jpg
本日は静岡工業高校に出張でした。
新しい学校の部活動と体育施設についての会議でした。
そのなかで、ウエイトリフティングが清水工業高校にしかなく、新しい学校で活動が認められないと静岡県からウエイトリフティングがなくなってしまうので、ぜひとも存続させることにご理解をいただきたいとお願いをしてきました。

会議のあとに静岡工業高校のトレーニングルームを見させていただきました。
かなり広いスペースにいくつかのトレーニング器機がありました。
新しい学校のウエイトリフティング練習場には、このような器機をおいて、フリーウエイトトレーニングやクイックリフト系のトレーニングを多くの運動部でも行えたらと思います。
その場合のフォーム指導を含めた技術指導を行いながら、ウエイトリフティング部の存続をお願いするということでお話しをさせていただきました。

ウエイトリフティングのことを多くの皆さんに説明をして、ご理解をいただき、そして存続を認めていただけるようにお願いをすることは、かなりの手間と労力がかかりますが、静岡県からウエイトリフティングの灯が消えないように、そして頑張っている生徒達を支援するためにも、私は頑張りたいと思います。

コメント一覧

    • 1. 松原
    • October 18, 2006 20:40
    • いつも、協会の為にいろいろとありがとうございます。平岡先生のおっしゃるとおりですね。もし、静岡県の高校からウエイトリフティング部がある高校がなくなってしまったら、協会は事実上つぶれてしまうかもしれません。やはり、根底はジュニア層の充実が不可欠ではないでしょうか?マイナーなスポーツだからと言って邪魔もの扱いされて、メジャースポーツだから優遇されるのは納得できません。
    • 2. ono
    • October 18, 2006 21:16
    • 応援しています!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ