静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
米国の公立学校の教育改革についての記事です。

livedoor ニュース - ビル・ゲイツ会長が公立学校の改革強調 理数に強い生徒を
“教育サミット”では、グレゴワール州知事が音頭を取って推進してきたワシントン州の教育改革に関する諮問委員会の最終報告書「ワシントン・ラーンズ」が発表された。これは20世紀型の教育システムを改め、情報化がいっそう進む21世紀にふさわしい新しい教育体系を作り出そうという試みだ。その狙いは、ワシントン州から、グローバル経済の中で、主導的な役割を演じる人材を輩出させようというものだ。
 米メディアによると、ゲイツ会長は、「ワシントン・ラーンズ」の一員には加わっていないが、グレゴワール知事の教育改革の理解者でもある。同会長は、基調講演の中で、ワシントン州は、米国各州の中で、大学進学率が下から3番目だとし、高校などの教育の充実の必要性を指摘した。
 具体的には、数学や科学の教師に関しては、高額の給料を払ってでも有能な教師を確保すべきだと述べるとともに、ハイテクやサイエンスに関してキャリアを持つ人材は、教員資格を取りやすくするよう提言した。
 さらにワシントン州が手本とする州として、テキサス州とカリフォルニア州を挙げた。テキサスでは、生徒は数学、科学、英語、社会を4年間にわたって勉強することが必要で、また2年間にわたって一つの外国語を履修することが卒業の条件になっているという。ゲイツ会長は、高い基準が生徒の能力を大きなものにすると述べた。
 そのうえで生徒の学力を自由に伸ばすとされるチャータースクール(特別に許可された独立の公立学校)を評価した。

 「ワシントン・ラーンズ」の報告は、優秀な教師の確保とともに、ワシントン州で数学や科学の教師になる者には、学生ローンを免除するなどの提言も盛り込まれている。
『数学や科学の教師に関しては、高額の給料を払ってでも有能な教師を確保すべき』『ハイテクやサイエンスに関してキャリアを持つ人材は、教員資格を取りやすく』『優秀な教師の確保とともに、ワシントン州で数学や科学の教師になる者には、学生ローンを免除する』などなど、教育力の向上は教員の資質の向上であり、その前段階として優秀な教員の確保にはそれなりの制度と原資が必要であることがわかります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ