静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
プロ選手のためのスポーツ科学を駆使したトレーニング施設ができるそうです。
フォーム解析も科学的に行うそうです。
プロ選手向けジム、最新のスポーツ科学で競技力向上 : エトセトラ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
サッカーやゴルフ、野球などで活躍するプロ選手向けに、最新のスポーツ科学を取り入れたトレーニング施設が来年1月5日、兵庫県尼崎市内に開設される。
 プロ野球などが加盟する財団法人日本プロスポーツ協会(東京都中央区)公認の第1号施設となる。中堅食品スーパー、バロー(岐阜県多治見市)の子会社で、フィットネスクラブのアクトス(同)が運営する。今後5年間に、プロ野球の本拠地がある東京や名古屋など全国8か所に開設予定だ。
 第1号は、全国で最も実業団スポーツが盛んで、甲子園も近い尼崎市内の「スポーツクラブアクトス尼崎」内に、計1億3000万円を投じて開設する。
 世界のトップチームが活用しているビデオ分析や、選手の動きを3次元解析して最適なフォームを作る練習メニュー作成などの装置8台を置く。国内初登場の筋力トレーニングマシンなどで体を鍛えることができる。
 選手が自分の弱点や強みを知り、どんなメニューで競技力向上ができるかを理解することにも、主眼に置く。こうした経験から、現役引退後、コーチやトレーナーとしての第二の人生を手助けする狙いもある。
 アクトスの横山悟社長は、「スポーツ科学を取り入れた練習は、選手に自信を与える。能力を高めて国際試合で活躍してもらい、引退後も、その経験を存分に発揮できる環境を整えたい」と話している。
 日本プロスポーツ協会の山口弘典副会長は「プロの選手が、1か所で十分に使える施設がこれまでなかった。アクトスとも協力して、キャリアサポートをしていきたい」という。
 会員料はプロ選手で月額12万円。1施設で200人の会員を募る。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ