静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
fc112fb8.JPG平成20年度の国民体育大会は大分県国東市で開催されます。
国東市でのウエイトリフティング競技の普及活動について紹介されています。Viento〜おおいたの風〜2007 Winter vol.15
2008年おおいた国体でウエイトリフティングの会場となる国東市。「我が町から国体選手を」を合い言葉に、平成16年11月から「ウエイトリフティング教室」を開催している。
 地元の城崎中学校の校長であり、自身もウエイトリフティングをしている高見春生先生がこの教室のコーチを務める。「派手さのないスポーツなので、中学生の発掘は大変ですが、生徒に練習を見せたり体験させたりしてアピールしています」と話す。城崎中学校は、全校生徒が36人と少なく、男子生徒は全員野球部に入っている。そこで、校長先生と野球部のコーチはそれぞれの思いで、昨年11月から野球部の練習にウエイトリフティングを組み込んだ。「今の子どもたちは、小さい頃から畑仕事などの力仕事をしていないので基本的な体力がありません。ウエイトリフティングは、競争し楽しみながら基礎体力の向上を図ることができ、ケガなどの故障もしにくくなります」と野球部の清水コーチはその効果を評価する。
 毎日、野球部の練習の開始前に、30分程度ウエイトリフティングを行い、月に1回開催される「教室」では、県内の高校のウエイトリフティング部のコーチ達に来てもらい基本指導を受ける。現在、メンバーは中学生9人と小学生2人。練習場を訪れると、そこに集まってきたのは、この子たちがバーベルを持ち上げられるのだろうかと不安に思うほど、まだ体が小さく細い生徒たち。しかし、1人の生徒に2人の指導者がつき、細かくフォームのアドバイスを行っていくと、生徒達は教えられたことをどんどん吸収して、最初はようやく持ち上げていた重量が、余裕を持って持ち上がるようになっていった。「出来ると楽しいし、上げたという実感がある」、「上げられるようになるともっと重いものにチャレンジしたくなる」と生徒はウエイトリフティングの魅力を語る。部活を引退した3年生の藤原裕平君と寅丸大介君は、10月からは毎日練習している。野球部も冬は日が落ちるのが早いので、室内のウエイトトレーニングを大幅に増やすという。

コメント一覧

    • 1. ono
    • March 03, 2007 22:26
    • 星野理事長さんには湯布院合宿で大変お世話になりました。木下先生や渡辺さん元気でしょうか?
    • 3. 盛工ウエイト 藤村
    • March 04, 2007 13:50
    • おひさしぶりです。
      岩手県盛岡工業ウエイトOBの藤村です。

      平岡さんに質問・相談なんですが、
      私自身、ウエイトリフティングのシューズを買おうと思ってます。
      通常はスポーツ屋で16000円くらいで購入してます。

      ネットなどでお勧めの購入先などありませんか?
      よろしくお願いいたします。

      藤村秀之
    • 4. HIRAOKA
    • March 04, 2007 17:08
    • >onoさん
      貴重な写真が残っていらっしゃいますね。

      >藤村さん
      私たち清水工業高校では、いつもTRUAMの清沢さんのところで購入しています。
      中国製のリフターシューズですが10,000円ほどで購入しております。
      学校にカタログがあったと思いますので、明日にでもスキャンしてメールさせていただきます。
    • 5. 盛工ウエイト 藤村
    • March 04, 2007 20:14
    • 本当にありがとうございます!!
      感謝感謝!!
      10000円っ安い(≧∇≦)
      岩手県勢も伝達します。
      本当にありがとうございます!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ