静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
こういったことが本当にあったのでしょうか。
もし本当ならば怖ろしい話しです。

西村主審が大分選手に暴言「死ね」/J1 - サッカーニュース : nikkansports.com
Jリーグで前代未聞のトラブルが起きた。29日に行われたJ1リーグ戦の東京−大分戦(味スタ)で、西村雄一主審(36)が試合中、選手に「死ね」と暴言を吐いたことが明らかになった。後半37分すぎの接触プレー後、判定に異議を申し立てた大分DF上本大海(25)に言い放った。居合わせた両軍の複数の選手も耳にしており、事態を重くみた大分側は証言を集めて文書を作成し、日本サッカー協会審判委員会に提出する方針を固めた。

 選手たちは誰もが、自分の耳を疑った。一進一退の攻防が続いていた後半37分すぎだった。東京FW赤嶺と大分DF深谷がボールを競り合って接触。西村主審は、赤嶺のファウルと判断して大分ボールでの試合再開を促した。しかし、約17分前に赤嶺からファウルを受けていた上本が歩み寄り「赤嶺のひじが(深谷の体に)入ってました。今日2度目ですよ」と主張。警告が出ないことに異議を申し立て、その直後に「事件」は起こった。

 上本をはじめ、その場に居合わせた大分と東京の複数の選手たちの証言によると、西村主審は「うるさい! お前は黙ってプレーしておけ。死ね!」と言ったという。侮辱的な言葉を浴びせられた上本は試合後、審判団が引き上げる際に「日本協会に報告しますよ」と伝えると、同主審は再び「お前は黙っとけ! イエローカード(警告)を出すぞ」とどう喝した。
試合のあとのやりとりも怖ろしい話しです。
こういったことは言っても良いことなのでしょうか。

上本をはじめ、その場に居合わせた大分と東京の複数の選手たちの証言によると、西村主審は「うるさい! お前は黙ってプレーしておけ。死ね!」と言ったという。侮辱的な言葉を浴びせられた上本は試合後、審判団が引き上げる際に「日本協会に報告しますよ」と伝えると、同主審は再び「お前は黙っとけ! イエローカード(警告)を出すぞ」とどう喝した。

 上本は「ショックでした。同じことを僕らが言ったら退場でしょ。選手はカードを持っていないけど、あの審判はレッドカードです。絶対に許せない」とやり場のない怒りに体を震わせた。東京のある選手も「間違いなく(西村主審は)言っていました」と証言。試合は大分側のみ4選手が計6度の警告を受け、そのうち2人が退場処分を受けて完封負けした。

 選手たちの動揺ぶりに事態を重く受け止めた大分側は試合後、河内耕一郎マッチコミッショナーに抗議。クラブ関係者によると、同コミッショナーは西村主審が「うるさい、お前はあっちに行ってろ」と言ったことは認めたが「死ね」の発言については明言しなかったという。クラブ側との協議後、河内氏は報道陣に対しては「何もないですよ。選手も興奮していたんでしょう」と詳細を語らずに競技場を後にした。大分の原靖強化部長は「選手たちの証言を文書に取りまとめて、審判委員会に提出したい」と話した。

 西村主審は、04年にプロ審判「スペシャルレフェリー」の資格を取得。07年9月のU−17(17歳以下)W杯では、日本人審判員としては初めて、FIFA(国際連盟)主催の世界大会決勝で笛を吹いた。AFC(アジア連盟)エリート審判員にも選ばれ、10年W杯南アフリカ大会のレフェリー有力候補。国内でも有数の実績があるだけに、今回の暴言事件が選手に与える影響は計り知れない。

 前日28日には、審判団への侮辱行為で柏FW李が4試合の出場停止処分を受けたばかり。今後の協会やJリーグの対応次第では、日本サッカー界の信用を地に落とす最悪の事態になりかねない。



2005年東アジアサッカー選手権(7月31日)、韓国-中国戦
この試合で主審を務めた西村は、退場させる選手(退場理由は「乱暴行為」)を間違えるという失態を犯し、さらにその退場が後日無効扱いになるという事態を起こした。

2008年J2第6節(4月6日)、ヴァンフォーレ甲府-セレッソ大阪戦
後半11分にペナルティーエリア内でセレッソFWカレカが転倒した場面で、カレカに触れていなかった甲府DFの池端陽介に対して「得点機会阻止」としてレッドカードを提示した。以後、平常心を失ったとも取れる判定を繰り返した。なお、週刊サッカーマガジンと週刊サッカーダイジェストによる西村に対する採点はそれぞれ「5.0」「4.0」であった[3]。
この試合の2日後に一旦、池端に対する1試合の出場停止処分が発表されたが[4]、その後、Jリーグ側は退場処分が人違いだったことを認め、池端に対する出場停止処分を取り消し、この処分を実際に反則を犯したGK桜井繁に付け替えると発表した[5]。なお、「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」とするサッカー競技規則第5条により、公式記録は変更されない。
また、2008年4月13日に行われたJ1第6節、浦和レッズ-鹿島アントラーズ戦では主審を務める予定だったが、先の誤審の影響で岡田正義に変更されたと同日にスポーツ報知が報じ[6]、実際に浦和-鹿島戦の主審は岡田が担当した。しかし、同年4月19日のJ1第7節、横浜F・マリノス-清水エスパルス戦で「復帰」し、無難に試合を裁いた。

コメント一覧

    • 1. ゑ
    • April 30, 2008 22:35
    • サッカーの世界じゃな、こうゆうのは当たり前なんだよ 気にするなバカ
    • 2. HIRAOKA
    • April 30, 2008 22:54
    • 過激なコメントありがとうございます。
      IPも記録させていただきました。

      失礼いたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ