静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
フィジカルも弱い、個人技でも負ける。
勝てる要素はあったのでしょうか。

暑いところで勝てない日本サッカーというイメージです。
残念です。


時事ドットコム:谷間広がる連続敗退=日本サッカーにも警鐘〔五輪・サッカー〕
「谷間の世代」と呼ばれたアテネ五輪世代に続く、2大会連続の1次リーグ敗退。日本サッカーの「谷間」は「谷底」へと広がった感が漂う。
 23歳以下で争われる五輪の男子サッカーは、ワールドカップ(W杯)に次ぐ世界大会。日常的に高レベルを経験できる欧州と違い、日本にとっては「世界基準」を肌で知れる貴重な機会だ。だからこそ、より勝負の真剣度が増す準々決勝以降を逃したのは日本サッカー界全体の損失だろう。
 1993年のJリーグ発足を契機にした日本の右肩上がりの成長は、育成年代の強化のたまものだった。「黄金世代」を擁して準優勝した99年世界ユースが、それを象徴する。言い換えれば、そこの経験値が下がれば、A代表も尻すぼみになる。黄金世代の賞味期限が過ぎ、その傾向が表れ出しているのは、アテネでの惨敗とも無縁ではなかろう。北京での敗退は、さらに暗雲を広げる可能性すらある。
 今回の反町ジャパンには、既にA代表デビューを飾っている選手もいる。望んだ結果は得られなかったが、彼らを中心に、悔しい思いをどう今後の糧にするか。
戦術とか科学的分析とかより何よりも、根本的にやらなければならないことがあるのではないでしょうか。



世界と戦うためにはウエイトリフティングも同じでしょうが。


世界と戦えるような強い日本になって欲しいです。




緒戦の敗退を受け早くもがけっぷちに追い込まれた反町ジャパン。10日、天津でナイジェリアと対戦。爆発的な個人技の前に1対2で敗れ、アテネ五輪に続き2大会連続でグループリーグ敗退が決定した。

 負ければ決勝トーナメント進出の可能性がなくなる日本。反町監督はアメリカ戦で機能しなかった1トップを修正。森本貴幸から李忠成に変え、さらに安田理大、細貝萌を先発で起用した。

 立ち上がりこそ日本は積極的に攻撃に転じるも、時間が経つに連れてナイジェリアが試合の主導権を掴む。ナイジェリアはサイドを基点に何度もチャンスを作るが、最後のシュートが決められなかった。日本も安田理大が得意の縦への突破からクロスボールをあげて、チャンスを演出も、得点は奪えず0対0のまま前半を終えた。

 後半に入ると、お互い積極的に仕掛けオープンな展開に。均衡を破ったのはナイジェリア。日本のボールをカットすると、流れるような形でゴール前に持ち込み最後はオビンナが流し込んだ。

 負けられない日本は岡崎慎司、豊田陽平を投入し攻撃に枚数を割くが、逆に後半30分、途中出場のアニチェベに決められ万事休す。相手のミスから豊田陽平が意地の1発を決めるのが精一杯。1対2でナイジェリアに敗れグループリーグから敗退が決定した。

トラックバック一覧

  1. 1. 全日本少年サッカー大会って・・・

    • [にゅーすドンと来い!]
    • August 10, 2008 21:18
    • サッカーファンだけどサッカーの嫌いなところサッカーファンだけどサッカーの嫌いなと...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ