静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
3371e153.jpgこういった選手に日本人が勝とうというのは、もはや無理な話なのかもしれません。
昭和30年代の日本のような状況にならなければならないのでしょうか。

科学的な解析だけで日本人選手はメダルに近づくことができるのでしょうか。
ロス五輪以来、メダルを獲得できずに24年が過ぎました。
四半世紀です。

今後、どのような強化策を打ち出していくのでしょうか。

レコードチャイナ
2008年8月11日、10日に重量挙げ男子56キロ級で金メダルを獲得した若干18歳の龍清泉(ロン・チンチュエン)選手について、故郷湖南省の紅網がその半生を語った。生まれつき恵まれた体躯から中国神話でおなじみの「[口那]咤」と呼ばれた少年の半生は決して楽なものではなかった。

龍選手は、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の出身。農村で食肉業を営む家庭に生まれた。6歳のころから放課後には父親の手伝いとして荷車を押した。4年生になると、重量挙げの選手に選ばれ、家元を離れて県の体育学校で練習を開始。しかし、へき地にある体育学校には十分な設備もなく、バーベルは砂を詰めた竹や水道管だった。

2000年以降、龍選手は州の体育学校に推薦入学し、重量挙げの専門的な教育を受け、技術をふんだんに吸収した。一方、経済的な面での苦しみは相当なものだった。食肉業では生活できなくなった家族は息子を支えるためにも出稼ぎに出た。当時、月の生活費がわずか180元(約2700円)だった龍選手は体育館の掃除を行いながら、観客が残したペットボトルを集め、それを売って足しにしていた。

06年になると龍選手は省の重量挙げ強化選手に選抜された。しかし、訓練センターで学ぶには月900元(約1万3500円)が必要だった。家族にはすでに限界だった。これを支援したのは故郷の県と州の体育局。多くの人々の応援を受けた龍選手は驚異的な成長を遂げ、今年7月五輪代表に。見事期待に応え、金メダルを獲得した。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ