静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
この二人の戦いを見たかったです。

男子もそうですが、最重量級が最も重い重量を挙げるわけです。
ウエイトリフティング界で最も強いのは誰なのかを知ることができる最重量級の競技は私は好きです。

日本選手団も、男子の太田選手と、女子の嶋本選手を選んで欲しかったと思うのは私だけでしょうか。
軽量級の技とスピードもよいかもしれませんが、私は重量級のパワーと迫力を見たかったです。

レコードチャイナ
韓国紙・朝鮮日報は最大のライバルであった中国選手の欠場により女子重量挙げ75キロ超級の金メダルは韓国選手で確定的と報じた。

現在、女子重量挙げ75キロ超級には2人の女王が君臨する。1人はアテネ五輪銀メダリストの張美蘭(韓国)、そしてもう一人は中国の穆爽爽(ムー・シュアンシュアン)だ。ともに319キロの世界記録を持ち、世界ランキングは1位で並んでいる。世界ランク3位の記録は293キロと大きく離れているため、世界大会では二人の一騎打ちが続いている。

ところが中国代表は穆爽爽を選出しないことが明らかとなった。五輪の規定では女子7階級のうち一国からは4人までしか参加できないため、強敵が存在する75キロ超級を避けたものと見られる。穆以外に張とわたりあえる選手はいないことから、朝鮮日報は「金メダルは確定的」だと報じている。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ