静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
静岡県焼津市出身の松永共広選手が決勝に進出したそうです。
決勝は夕方からです。

がんばってほしいです。

Yahoo!スポーツ - 北京オリンピック特集 - ニュース一覧 - 五輪レスリング 松永決勝へ、銀以上確定 フリースタイル
北京五輪は第12日の19日、レスリング男子フリースタイルの2階級を行い、55キロ級に出場した松永共広(28)=綜合警備保障=が準決勝で昨年の世界選手権優勝者、ベシク・クドゥホフ(ロシア)にフォール勝ちし、銀メダル以上を確定させた。同夕の決勝で、米国選手と対戦する。
 レスリングの日本男子のメダル確定は今大会初。アテネ五輪では、日本選手が両階級とも銅メダルを獲得していた。松永が金メダルを獲得すれば、男子では、88年ソウル五輪のフリー48キロ級で小林孝至、同52キロ級の佐藤満が優勝して以来の快挙となる。


静岡新聞の記事です。

県勢関連ニュース:【北京で輝け県勢】(4完)レスリング男子 松永共広選手
焼津市の幼稚園の年長クラス。体は小さいが、わんぱくでいたずらばかりしている男の子がいた。「この子は何か格闘技をやらせるのがいい」。以前レスリングの経験があった幼稚園の先生の勧めもあり、親に連れられて焼津リトルファイターズの門をたたいた。松永共広選手(綜合警備保障、沼津学園高=現飛龍高=出)の22年のレスリング人生のスタートだった。
 練習を始めて1カ月もたたないころ、初めて試合に出場した。自分より経験のある子供たちを相手に、おじけづくことなく立ち向かっていった。その姿は、今も、同クラブの渡仲啓市代表(60)の目に焼き付いている。
 「タックルするのは怖い。ほとんどの子は最初は下を向いたり、肩から入ったりする。共広は違った。頭を上げ、胸から飛び込んでいく。まるで獲物に飛びかかるライオンか虎のように。持って生まれた格闘技センスとしか言いようがない」

 松永選手は小学校時代に全国五冠、中学校では全国総合体育大会三連覇を果たす。この逸材を、大きな期待を持って受け入れたのは沼津学園高レスリング部だった。
ところが井村陽三監督(44)は自分の目を疑った。「体は小さく、顔はベビーフェース。闘争心が表に出てこない。スパーリングすると、先輩たちに、こてんこてんにやられ手も足も出ない。期待よりも、この子をどう育てようというプレッシャーの方が先に立った」。バランス感覚やタックルの速さなど、非凡な素質を見せることはあった。ただ高校レベルで戦うには基礎体力と精神力が不足していた。
 ダッシュと懸垂を繰り返す朝練。昼休みは10メートルの綱登り3回。放課後のマットワーク3時間。練習が終わると疲れ切って、すぐに寮に帰ってベッドに倒れ込む日々が続いた。

 入学から1年、心身ともに鍛え上げられ、春の全国選抜大会は自信を持って臨むことができた。全試合フォール勝ち。この大会の優勝を皮切りに全国高校十冠を達成する。
 「タックルからすぐにフォールに持ち込む。足を取られても、バランスがいいので逆に相手を引っくり返す。対戦相手はなすすべがなかった」(井村監督)
 相手に研究され、高三のときは苦戦する試合も多くなった。しかし「最後には必ず勝つ。体の粘りはもちろん、『負けたくない』という執念がすさまじい。心の粘りだね」(渡仲代表)。
 手塩にかけて育てた松永選手のレスリング人生をかけた大舞台が目前に迫った。「何とかメダルを取らせたい。可能性は10分にある」。2人の指導者の思いは1つだ。

松永 共広選手(まつなが・ともひろ) レスリング男子フリースタイル55キロ級。綜合警備保障。沼津学園(現飛龍)高―日体大出。01年以降、全日本選手権で5度優勝。焼津市出身。163センチ。28歳

コメント一覧

    • 1. ono
    • August 19, 2008 18:53
    • 見てました。ポイント制の競技は嫌です!
      重量挙げはその点では公平だと感じました。
      群馬も関東ブロック二人でした。山田君は出たくないようですが、群馬の為に頑張って欲しいと思います。
    • 2. HIRAOKA
    • August 19, 2008 19:29
    • 残念!!!
      決勝で負けてしまいました。

      でも、銀メダルおめでとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ