静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
人見絹枝さん以来のトラック種目でのメダル獲得だそうです。
おめでとうございます。

五輪陸上 四百メートルリレー 日本が銅、80年ぶり快挙(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
北京五輪は第15日の22日、当地で陸上の男子四百メートルリレー決勝を行い、日本は38秒15で、銅メダルを獲得した。日本勢が五輪の短距離種目でメダルを獲得したのは史上初の快挙。トラック種目全体では、1928年アムステルダム大会の女子八百メートルで2位になった人見絹枝以来、80年ぶり2度目。優勝は37秒10の世界新でジャマイカ。
 日本は、塚原直貴(23)=富士通=を第1走者に起用し、末続慎吾(28)=ミズノ、高平慎士(24)=富士通=とつないで、男子百メートルの前日本記録保持者・朝原宣治(36)=大阪ガス=がアンカーを務めた。21日の予選では、1組2着で決勝に進出。予選では、優勝の有力候補だった米国がバトンの受け渡しをミスして敗退。2連覇を狙った英国も引き継ぎ違反で失格するなどし、日本は上位進出の好機を迎えていた。

 この種目の日本は、04年アテネ五輪が過去最高の4位入賞。07年の世界選手権大阪大会も5位と、着実に力をつけていた。
36歳の浅原選手の活躍も素晴らしいと思います。
スナッチ90kgをできるという話しです。
テレビの放映では失敗していましたが。
それでも素晴らしい身体能力です。努力もしているでしょう。
凄いです。



アメリカが予選でバトンを落として強豪国がいなかったということもありますが、逆に体力勝負ではなくしっかりとした技術が必要な種目では日本人選手は勝負できるということでしょう。

体操では美しさを採点する基準がなく、技の難易度だけで評価されていたのですが、美しい体操では絶対に世界一だったと思います。
これを変な方向に行くのではなく、美しい体操を極めてほしいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ