静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
テレビのCMの音の大きさには辟易します。
次にテレビを購入するときにはドルビーボリューム搭載機にしたいと思ってしまいます。

チャンネル変更時などに“音の違和感”を感じさせない「ドルビーボリューム」を体験 - 日経トレンディネット
テレビのチャンネルを変更したり、番組本編からCMに移る際などに、その音量の差で違和感を感じることがある。CMやバラエティー番組は大きめ、映画などは小さめといったように、番組やコンテンツによって音声レベルが異なるためだ。特にDVDやBDで映画を楽しんだ後にバラエティー番組などを見ると、そのうるささにあわてて音量を下げなければならなくなる場合もある。

 こうした違和感や不都合をなくすというのが、ドルビーラボラトリーズが2007年1月に米ラスベガスで開催された「International CES 2007」で発表した「ドルビーボリューム」だ。先日、東芝の液晶テレビ「REGZA(レグザ) ZH500/ZV500シリーズ」に初めて搭載されたこの技術の説明会が開催されたので、その技術内容を紹介しよう。
ドルビーボリュームとは、異なるコンテンツや入力ソース間で生じる音量レベル差を自動調整することで、番組や入力チャンネルが変わった場合も視聴者がボリューム調節をせずにコンテンツを楽しめるというもの。従来から同様の技術として「AGC(Automatic Gain Control):自動ゲイン制御」というものがあるが、ドルビージャパン プロダクトマーケティング部シニア・マネージャーの尾関沢人氏は「聴覚心理学の考え方を用いて、より不自然さをなくす観点で音量調整を行っている」という。

 「電気信号の大きさではなく、聴覚上の音量差を自動的に調整し、より聞きやすくするというのが特徴です」(尾関氏)

 従来から利用されているAGCの場合、セリフとセリフの間のような無音に近い状態で「ブリージング」と呼ばれる現象が起こっていた。沈黙などの“間”が一定時間あると、その音量を上げることから背景音が強調されてしまう。
ドルビーボリュームの場合、「音声の帯域によってそのシーンにセリフが流れているのか背景音なのかを分析しています」(尾関氏)という。20Hzから 22kHz程度までの帯域を20のゾーンに分け、それぞれの音域のアタックタイム(音が聞こえ始めてから最大音量に達するまでの時間)やリリースタイム(音が減衰して消えるまでの時間)を解析してリアルタイムに音量を調整しているとのことだ。
デモンストレーションでは、スペイン語チャンネルのバラエティー番組と、英語の映画チャンネルとの間を行き来した場合の音量差の違いを体験した。ドルビーボリュームをオフにした状態は、バラエティー番組が騒がしいために音量を抑えると、続いて表示した映画チャンネルは静かなシーンということもあって全くセリフが聞き取れなくなってしまう。だがドルビーボリュームをオンにすると、チャンネルを変更しても全く違和感を感じずに視聴できるようになった。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ