静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
時事ドットコム:三宅らが東アジア代表に=世界選手権には出ず−重量挙げ
日本ウエイトリフティング協会は14日、東アジア大会(12月、香港)代表に、北京五輪代表で女子53キロ級の三宅宏実(アセット・マネジャーズ)ら男女10選手を選んだと発表した。東アジア大会代表は、11月に韓国で行われる世界選手権には出場しない。両大会の間隔が短く、世界選手権がロンドン五輪予選ではなくなったことなどが理由で、同協会の篠宮稔専務理事は「東アジア大会優先(の選考)となった」と話した。
 世界選手権代表候補には男子56キロ級の北京五輪代表、山田政晴(群馬綜合ガードシステム)らが選ばれている。




重量挙げ 東アジア大会 福嶺が代表に - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
日本重量挙げ協会は14日、東アジア大会(12月・香港)代表として男女各5人ずつを発表し、アジア選手権で4位に入り、全日本選手権では優勝した男子105キロ級の福嶺佑耶(中部工−九州国際大)が選ばれた。全日本選手権女子53キロ級で2連覇した三宅宏実(アセット・マネジャーズ)も入った。11月下旬に韓国の高陽で開催される世界選手権には、別の選手団を派遣する。
 世界選手権の候補選手として15人が発表され、県勢は男子56キロ級の糸数陽一(豊見城高)、同62キロ級の上地克彦(豊見城高−日大−自衛隊体育学校)、大濱健一(那覇高−名桜大)、女子では53キロ級の具志堅美沙希(南部工−金沢学院大)、58キロ級の渡慶次雅子(首里東−日体大−自衛隊体育学校)、75キロ級の仲村理奈(豊見城高−金沢学院大)の6人が選ばれた。
 世界選手権が2012年ロンドン五輪の出場枠を懸けた大会でなくなったため、三宅は東アジア大会への出場を選んだ。





11月の中旬に韓国で世界選手権が、12月初旬に香港で東アジア大会が開催されます。
大会の間隔が短いために両方の大会に出場することは厳しいということで別の選手団を派遣するとのことです。
日本代表となる選手の皆さん、がんばってください。



韓国にしろ、香港にしろ、どちらかは観戦に行きたいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ