静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
6235259f.JPG
この春に全国高等学校体育連盟ウエイトリフティング専門部長の飯野洋一先生が、群馬県高等学校野球連盟の会長に就任されたという記事です。

(写真は2009年3月、金沢市で開催された全国選抜大会の会場にて)

【きょうの人】県高野連会長・飯野洋一さん(58) 諦めない気持ち 伝えたい - MSN産経ニュース
アマチュアスポーツの中で抜群の人気を誇る一方、「勝利至上主義」に批判が集まることもある高校野球。今年4月、野球未経験者の飯野洋一・県立前橋工業高校長(58)が県高校野球連盟会長に抜擢された。そのかじ取りに注目が集まる飯野会長に、県内高校野球の現状や問題意識について聞いた。


「選考の過程は分からないが、『新しい風を入れよう』という意味で選ばれたと考えています。日本高野連でも昨年、60年ぶりに野球未経験の会長(奥島孝康氏)が就任した。高校野球は『公教育』である、という原点に立ち返って考える時期が来ているということではないか」

「外から見ている人間として、勝敗に関心が向きすぎていることは否めない。例えば、試合終了後の応援スタンドでも球児たちのプレーに対し『なぜ打てないのか』などと、汚い言葉が飛び交うことがある。高校野球が『部活動』の域を超え、各地域に文化として根付いている証しでもあるが、だからこそ地域全体で、子供たちが成長する姿を見守り支えてあげてほしい。一方で球児の頑張りが県民に活力を与え、県全体に活気づくような、相互作用が生まれれば理想的です」



お忙しい毎日を送っておられるようです。
「自分たちがプレーを『している』のではなく、何日もかけてグラウンド整備する球場職員や、3年間一度も公式戦に出場できず、スタンドから声援を送り続ける部員に『させてもらっている』ということを強調したい。裏方の仕事を知らしめる場を、数多く設けたいと考えています」

 《「波瀾万丈だった」と振り返る半生を通じ、「挑戦を諦めない気持ち」の重要性を説く》

 「高校を卒業したら働くという親との約束で、工業高校を卒業後、電気会社に就職したが、新製品の説明などを担当するうちに『教える喜び』に目覚めた。どうにか準備した貯金を入学金に充てて大学に入学したが、学費を稼ぐため、授業に出席できないこともたびたび。それでも教師になりたいという一心で苦しい日々を乗り越えました」


「はじめに赴任した渋川工では、経験のあった登山部のほかに、剣道部とサッカー部、3つを掛け持ちで担当しました。サッカーも今回と同様に全く初めての経験だったが、審判員の資格を取ったり、体力をつけるために家から片道1時間以上を自転車で通勤したりして仕事に向き合った。山頂での達成感は山を登り切らなければ得られないように、学校の生徒達にも諦めたら全て終わる、といつも話すようにしています」

 −−5月の春季関東大会では、県出場の4校が2回戦までに全て姿を消しました。「心身育成」の一方で、試合結果にも否応なく注目が集まります

 「県内のチームが、他県に比べ、劣っているとは思わない。練習してきたものを発揮できる環境作りを、各校と連携して整えてあげたい」

 <いいの・よういち> 昭和25年、高崎市生まれ。足利工業大電気工学科卒。電機会社勤務を経て、56年、電気科教諭として県立渋川工業高校に着任。藤岡工、伊勢崎工で校長を務め、今年4月から前橋工校長と県高野連会長に就任。全国工業高校電気教育連絡協議会会長、全国高校体育連盟競技専門部長も兼務する。家族は母、妻、子供3人。大学時代は山岳部に所属し、現在の趣味はカヌー。高崎市在住。

コメント一覧

    • 1. 団長
    • August 06, 2009 09:33
    • 前から知っていました。事務局のFさんの元上司でしたね、前橋工業は西武の渡辺監督の出身校で伝統があるのでそこの校長先生になると役が来るのは想像出来ました。
    • 2. HIRAOKA
    • August 06, 2009 16:37
    • 古い記事の引用ですみませんでした。

      前橋工業高校は群馬県の工業高校の基幹校でしょうから、工業関係の仕事でも多忙なのではないでしょうか。

      頭が下がります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ