静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
d081e0a8.jpg
香港での東アジア大会の観戦の様子です。

 ・2009/12/10 East Asian Games


選手の皆さん、お疲れ様でした。


関係者の皆さん、ありがとうございました。


コメント一覧

    • 1. 三陰交
    • December 15, 2009 14:09
    • 世界選手権と東アジア大会の結果をみて、中国と韓国の重量挙げのレベルの高さを見せ付けられました。  
      同じ黄色人種なのになぜ日本はこんなに差をつけられているのですか? 

    • 2. HIRAOKA
    • January 03, 2010 17:33
    • 遅レス失礼いたします。

      有能なタレントの発掘、練習環境、報酬などなど。
      いろいろな要素の積み重ねにより差が出てきているのではないでしょうか。

      有能な選手が脇目もふらずにウエイトリフティングに打ち込める環境を作り上げることが必要なのではないかと思います。
      日本では野球やサッカー等の人気スポーツに運動能力が高い選手が、ジュニア世代で囲い込まれていくということ、有能な選手が自分の人生設計を考える上でもウエイトリフティングに専念できるかということ、そしてウエイトリフティングをやっていることに誇りを感じることができるかということ。

      ひと言では現せないようなものがあるかと思います。

      いろいろなご意見を伺いたいと思います。
      お時間があればコメントください。よろしくお願いいたします。
    • 3. 三陰交
    • January 08, 2010 09:46
    • 民主党の事業仕分でスポーツへの助成金が大幅にカットされることを考えると、ウエイトリフティングに限らずマイナーな競技では選手育成はより困難になると思います。  

      少ない予算の中でも韓国野球のように、特定の学校に有能な選手を集めてエリート教育を行うシステムをとる方法はどうですか?

      教育の一貫としての部活動としては逸脱してしまうと思いますが、都道府県単位での人材育成は限界があるように思います。  

      ウエイトリフティングの現状を把握していないので、見当違いな意見だと思いますが三宅宏美選手のように世界大会でメダルを取れる可能性があり世間に注目してもらえる選手を一人でも育てないと、今後の競技発展は難しいと思います。
    • 4. HIRAOKA
    • February 02, 2010 22:45
    • 少数の優秀な選手をナショナルトレーニングセンターで強化していくというやり方は間違っていないと思います。
      優秀な選手の発掘と、その効果的な強化。
      必要なことだと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ