静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
bfd46eed.jpg
5da1fd88.jpg
b70d29eb.jpg
Kindle、到着しました。


iPadと似ていますが、似て非なるものかと思います。


PDFのビューワーとしても、特に問題なく表示・閲覧できます。
何より優秀なのは電子インクによる表示の見やすさと稼動時間の長さ。



期待していませんがGoogle検索もできます。


少し使いこんでみます。

コメント一覧

    • 1. webpapa
    • July 31, 2010 19:58
    • 5 おもしろそうですね。
      いっぱいあるボタンはどう使うのでしょう。
      データの送受信の方法とか容量とか気になります。
    • 2. HIRAOKA
    • August 01, 2010 00:12
    • このたくさんのボタンはキーボードです。
      文字入力して本の検索やGoogleでの検索ができるようになっています。

      USB接続で4GBのマスストレージとして認識され、そこに置いたPDFファイルを表示することができます。

      まだ英語の本だけですが、amazon.comでダウンロード販売でデータの受信ができます。
      世界中どこでもローミングされてデータ通信は無料です。
      実際には本代に入っているわけですが。

      現在のところ、Googleでの検索やWikipediaでの検索のデータ通信も無料のようです。
      ただし英語のみですが。



      8月27日に発売される画面が6インチのものの3代目のものはWifiが導入され、3GまたはWifiでの接続が選べるようです。
      Wifiだけのモデルは139$ですので、円高の今、けっこうお買い得なような気がします。

      携帯用に6インチモデルを購入してしまうかもしれません。
      複数のKindleやKindle for PCでもシンクロでき、ダウンロードした本はどのKindleでも読めるようです。

      Kindle for iPhoneもあるようですので、いろいろな使い方ができそうです。



      年末には日本語版がでると噂されていますが、ファームウエアのバージョンアップで現行のものも日本語版になってしまうことを期待しています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ