静岡県ウエイトリフティング協会   - www.weightlifting.jp -

PageViewCounter
アクセスPV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
最新投稿
2010_1011 isaoka02


2010_1011 isaoka




日本ウエイトリフティング界において、この時の砂岡選手の銅メダル以降メダルを獲得できていません。


1984年から28年後となるロンドン五輪では日本選手はメダルを狙うことができるのでしょうか。

悲願のメダル獲得に期待したいと思います。
この映像、私も覚えています。


高校3年生の時の夏休みだったと思います。

コメント一覧

    • 1. 田口慎一郎
    • October 11, 2010 17:26
    • こんにちは。

      ロスの砂岡選手の試合をずっと探していたので見れて感激です。

      207.5キロは砂岡選手にとっての自己新記録だったんですね。

      たら・ればは禁句だと思いつつあえて使いますが。。。

      200キロの第二試技が成功していたら

      結果はもう少し変わっていたかも知れません。

    • 2. HIRAOKA
    • October 11, 2010 19:04
    • 私もこの映像を探しておりまして、発見することができました。
      日本ウエイトリフティング界の、現在、最後の五輪のメダルです。
      このあとに入賞された方は岐阜の小栗先生もふくめて何人もいらっしゃいますが、残念ながらメダルまで届きませんでした。

      2012年のロンドン五輪、そして2016年のリオ五輪。
      若い選手の活躍によりメダルに手が届くことを期待します。


      それにしてもYoutube様様です。
      こういった貴重な映像を見ることができるなんてありがたい話しです。
    • 3. ono
    • October 11, 2010 20:20
    • 拝見しました。
      関口先生(群馬県立前橋工業高校OB.現日体大教授)若い!高校時代セコンドに付いていただいた事あります。日体大に特待生で行く予定が、なぜか明治大学に入ってしまいました。
      三宅さん(兄)福田先輩(明治OB東京オリンピックフェザー級四位?五位?)もコーチだったんですね、(画面にチョイ出)
    • 4. HIRAOKA
    • October 11, 2010 21:26
    • 皆さん、お若いですよね。
      26年も前の映像ですから当たり前ですが。

      それくらいの期間、オリンピックでメダルを取れていないということになるんですよね。

      がんばってほしいと思います。
    • 5. さんしろう
    • October 11, 2010 22:54
    • 一番メダルに近かったのは96年アトランタの池畑大選手でしょうか。

      たしか59キロ級で4位だったと思います。



      岐阜県では2020年のオリンピック選手を育成すべく

      小学生にウェイト指導をしております。

      Youtubeにもアップしておりますので

      お時間が許しましたらご覧ください。

      http://www.youtube.com/watch?v=YqVf4e-nHoc
    • 6. HIRAOKA
    • October 12, 2010 06:57
    • 2020年のオリンピックを目指しての選手強化。素晴らしい取り組みですね。
      子ども達にもがんばってほしいと思います。

      アトランタ五輪を目指しての練習の様子は、三木先生からお話を聞いたことがあります。
      1996年のアトランタ五輪。それですら14年も前の話となってしまっているんですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Japan Giving
カテゴリー分類
月ごとの記録
連絡先
【blogに関しての連絡】


【個人宛てメール】


【電話】
054-340-8032

  • ライブドアブログ